ACL決勝ラウンド 広州恒大VS鹿島

刀折れるも、矢は尽きず、といったところだろうか。

主力級5人を欠く中、奮戦したものの、コーナーキックが中央に流れてきたところをブラジル代表ミッドフィルダーパウリーニョに押し込まれ、これが決勝点に。

凸凹で、グラウンダーのパスはまともに通らないピッチ。間違いなくイエローカード級のファールを受けても平然と流すレフェリー、というアジアならではのアウェーの洗礼、相手の力量を考えれば、奮闘したと言えるかもしれない。

ただ、パス1本満足につなぐことができない戦いぶりを観て、引き分け以上を望むのは難しい、と思ったのが正直なところ。主力がこれだけ抜ければ仕方がないことだけれど、チームとして全く機能していなかった。

個人的にはレアンドロのスキルを観ることができたのが良かった。

GKクォン・スンテのセーブは圧巻で何度も窮地を救ってくれた。

あと、MFの梅鉢。久しぶりの出場おめでとう。一本だけだったけど、通れば一点ものの良いクロスがあった。「戦える」選手だと思っているので、このチャンスをものにしてほしい。

ACLの放送日程はこちら