DAZN観戦記 鹿島vs大宮(祝100記事目)

アウェーNACK5スタジアム日本平で開催された第5節。攻めダルマと化しながら、全く点が奪えない、それはいつか来た道。この展開で咎められ、苦杯を舐めるチームを嫌というほど見てきただけに勝ったことはまず何より。

1.土居は輝き出している

今日の土居は攻守に抜きんでており、チームを担う中核としての存在感を如何なく示していた。特に圧巻だったのは、ボールを奪取するその気迫。奪われてもすぐさま奪い返すその姿はとても力強く頼もしかった。決勝点も中盤でのパスカットから鈴木優磨のスルーパスをテクニカルに決めて見せた。土居にとってこの試合がブレイクスルーの契機になるではないか。

2.DAZNについて

やっぱりカメラの固定感には不満あり。必要な機能は「30秒送り」であって、「30秒戻し」ではないと思う。JリーグサポーターにはDAZNしかない。環境を改善して、サポーターとともにJリーグを支えてほしい。

ブログの記念すべき100記事目が鹿島の記事となったのは本当に嬉しいけどね。

みんなでJリーグ盛り上げていきましょう(=゚ω゚)ノ

広告

この記事を書いた人

重崎 宗

重崎 宗

2018年8月から社会保険労務士としてキャリアをリスタートすることになりました。

ブログ継続のためにWiifit(現在はWiifit「U」)で、インドア「ゆる」トレ(Wiifit「U」運動習慣)と体重測定を2017年2月から開始。500日以上継続して行い、その記録をブログに上げています。結果、BMIは23前半から21台後半まで落ち、5Kgのダイエットに成功しました。

1993年Jリーグ創設当時から、鹿島アントラーズサポーターでちょくちょくカシマスタジアムを観戦に訪れております。

好きな飲み物はアイスコーヒー。好きな食べ物はラーメン。今はラーメンに偏りがちなので、アイスコーヒーの記事も伸ばしていきたいと思っています。

ブログを書き始めたきっかけは「自分らしく」生きるためには「自分自身」をアウトプットしなければならないと感じたから。

社会保険労務士専門分野、幼いころから患っているアトピー性皮膚炎に関してもアウトプットしていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。