【料理】豚肉と赤いんげん豆・ひよこ豆で「豆豆しい」煮込みを作る

ただいま、「大人の夏休み」中。今はゆったりと過ごしながら、勉強する日々を送らせてもらっている。そんな僕にとって最高のリラックスタイムは「料理」。今日は余っていた豆の缶詰を使って豚肉との煮込みを作ることにした。

材料は以下の通り。

①豚肉もも薄切り 150g

②赤いんげん豆  1/3缶

③ひよこ豆    1/2缶

④玉ねぎ     1/2個

⑤人参      1/2本

⑥いんげん    5本

⑦じゃがいも   2個

④-⑦は粗みじん切りに。

それでは早速行ってみよう(=゚ω゚)ノ!

まずは豚肉の下ごしらえ。塩・コショウして、ニンニクすり下ろしと日本酒を加えてよく揉み込む。

肉の下ごしらえが終わったら、フライパンにオリーブ油を引き、輪切り唐辛子、おろしニンニクを入れて玉ねぎを塩・コショウしつつ、炒める。

玉ねぎに火が通ってきたら、豚肉を入れて更に炒めていく。

ここからは怒涛の投入ラッシュ( ゚Д゚)!まずは人参・いんげん・ジャガイモのみじん切りを投入。合わせてローズマリーも若干量投入。

続けて、赤いんげん豆とひよこ豆も投入( ゚Д゚)!

味付けに特製しょうゆを少々。みじん切りのニンニクと梅干をしょうゆに漬け込んだもの。我が家の料理の決め手として欠かせない調味料となっている。

鶏がらスープとローリエを加え、水200ccを入れたら、蓋をしてじっくりと煮込む。

煮込んでいる間に汁物を準備。お昼はそうめんだったので、そのおつゆを再活用して、とろろ昆布のお吸い物を作ることに。

完成(`・ω・´)シャキーン!

初めてチャレンジしてみた一品だが、思いのほか上手くできた。奥さんの評価も上々。身体に堪える暑さが続いているので、夏バテ防止に豚肉・豆類・根菜をたっぷり摂れるのも嬉しい。とろろ昆布汁がさっぱりとしているのでご飯が進んだ。

この夏休み中は料理も沢山出来そうだ。

 

 

広告

この記事を書いた人

重崎 宗

重崎 宗

2018年8月から社会保険労務士としてキャリアをリスタートすることになりました。

ブログ継続のためにWiifit(現在はWiifit「U」)で、インドア「ゆる」トレ(Wiifit「U」運動習慣)と体重測定を2017年2月から開始。500日以上継続して行い、その記録をブログに上げています。結果、BMIは23前半から21台後半まで落ち、5Kgのダイエットに成功しました。

1993年Jリーグ創設当時から、鹿島アントラーズサポーターでちょくちょくカシマスタジアムを観戦に訪れております。

好きな飲み物はアイスコーヒー。好きな食べ物はラーメン。今はラーメンに偏りがちなので、アイスコーヒーの記事も伸ばしていきたいと思っています。

ブログを書き始めたきっかけは「自分らしく」生きるためには「自分自身」をアウトプットしなければならないと感じたから。

社会保険労務士専門分野、幼いころから患っているアトピー性皮膚炎に関してもアウトプットしていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。