コクのある担々つけ麺最高!「飯田橋 舎鈴」で担々つけめんを食す

定期受診の帰り道、小腹が空いたので、飯田橋周辺をウロウロ。

ふと目に留まったのは「つけ麺」の文字。しかも担々つけ麺とな?

これは実食せねば。・・・という訳で飯田橋 舎鈴に入ってみた。

舎鈴は六厘舎系列のお店。毎日食べられるつけ麺がコンセプトだそうだ。

担々つけめんに心を惹かれる。値段もとてもリーズナブル(並730円)。

今回は担々つけめん(並)をチョイス。店内は一見立ち食い蕎麦を想起させるシンプルな内装。麺の茹で上がりに7分ほど掛かるとアナウンスを受け、本を読みつつ待つ。

調味料取説。「特撰焙煎七味黒」に惹かれる。早速、麺に振り掛けてみよう。

待ち人来たる(*’ω’*)。・・・そして早速、

「特撰焙煎七味黒」を麺にオン。щ(゚Д゚щ)カモーン

コクのある担々つけダレがもっちりとした麺に絡む。美味しい(*’ω’*)。ゴマの風味とコク、旨味が先に舌を通り過ぎ、その後に心地よい辛味がやってくる。

麺をしっかり食べた後はすぐ近くに置かれているポッドから「スープ割り」を注いで締めのスープを堪能。スープ割りは熱々なので、暖かいスープを再度味わうことが出来る。

飯田橋駅から徒歩1分というのも魅力的だが、この味わいで730円はリーズナブル。値段も毎日食べることを考えたうえでの料金設定なのだろうか。

確かに毎日食べたくなる美味しさだった。これは嬉しい新規開拓だった。

また寄り道しよう。

 

広告

この記事を書いた人

重崎 宗

重崎 宗

2018年8月から社会保険労務士としてキャリアをリスタートすることになりました。

ブログ継続のためにWiifit(現在はWiifit「U」)で、インドア「ゆる」トレ(Wiifit「U」運動習慣)と体重測定を2017年2月から開始。500日以上継続して行い、その記録をブログに上げています。結果、BMIは23前半から21台後半まで落ち、5Kgのダイエットに成功しました。

1993年Jリーグ創設当時から、鹿島アントラーズサポーターでちょくちょくカシマスタジアムを観戦に訪れております。

好きな飲み物はアイスコーヒー。好きな食べ物はラーメン。今はラーメンに偏りがちなので、アイスコーヒーの記事も伸ばしていきたいと思っています。

ブログを書き始めたきっかけは「自分らしく」生きるためには「自分自身」をアウトプットしなければならないと感じたから。

社会保険労務士専門分野、幼いころから患っているアトピー性皮膚炎に関してもアウトプットしていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。