八王子みんみんラーメン 自身のラーメンのルーツを食す

実家に戻った時に必ず立ち寄りたいラーメン屋がある。今や、八王子で知らぬ者はいないと言っても過言ではなくなった「八王子みんみんラーメン」。今回、幸運にも入店することが出来た。

僕が子供のころ、近所にあったラーメン屋は魅力のある味とは言えなかった。子供時代の僕にとって、ラーメンと言えば、鍋で煮炊きするインスタントラーメンであり、それは土曜のお昼にお家で食べるものだった。

それを一気に覆したのが、「八王子みんみんラーメン」だ。

初めて食べたのは、もう30年ほど前になる。僕の脳みそに「ラーメンとは『美味しい』ものだ」としっかり焼き付けてくれた自分ラーメン史の元祖なのだ。

メニュー表。久しぶりの来店でテンションが上がり、最高峰「ネギバラチャーシューメンマ」(大盛)1,100円を注文。値段はとても良心的で一番安い「かけ中華」はなんと400円!20年前から全く値段が変わっていない・・・( ゚д゚)

ここのメンマは絶品で、今まで食べてきた中でも自信を以てNo.1だと断言できる。メンマをじっくり楽しむことが出来るメンマ皿も超絶おススメ。

・・・今回は実質「全部乗せ」を頼んでしまい、注文せず(´・ω・`)。

ラーメンは注文から出てくるまで、少し間がある。鰻屋で蒲焼を「いまかいまか」と待つように、一日千秋の思いでラーメンの到着を待つ。写真はGABANのコショウ缶。昔ながらの味のあるシンプルなデザイン。子供の頃はこれを見るのが楽しみだった。・・・そしてついに、

待ち人来たる(*’ω’*)!!いや、本当に何年ぶりだろう。心が躍る。

見よ、この澄んだスープの美しさ(`・ω・´)。

自分のラーメン人生を開拓したラーメンの麺リフトは感慨深い。

絶品のメンマwith麺。やはりメンマ皿を頼むべきだった・・・(´・ω・`)。

刻み玉ねぎをたっぷりと入れるのが「八王子みんみんラーメン」の特徴。八王子ラーメンの特徴とも言えるが、この店はその源流と言える。

濃厚でコクのある醤油ベースのスープとコシの強い麺、それぞれが単品として勝負できる珠玉のトッピング(メンマ、ネギは個別に「皿」で注文可)。

来店するには車が必須で、駐車スペースも十分とは言えない。それでも、来店を諦めざるを得ないほどの行列は子供の頃から変わらない。いや、むしろそれ以上か。

昔の味からは若干マイナーチェンジしているが、何度食べても美味しい、誇りをもって人様にお勧めできる自分のラーメンの「故郷」だ。

 

広告

この記事を書いた人

重崎 宗

重崎 宗

2018年8月から社会保険労務士としてキャリアをリスタートすることになりました。

ブログ継続のためにWiifit(現在はWiifit「U」)で、インドア「ゆる」トレ(Wiifit「U」運動習慣)と体重測定を2017年2月から開始。500日以上継続して行い、その記録をブログに上げています。結果、BMIは23前半から21台後半まで落ち、5Kgのダイエットに成功しました。

1993年Jリーグ創設当時から、鹿島アントラーズサポーターでちょくちょくカシマスタジアムを観戦に訪れております。

好きな飲み物はアイスコーヒー。好きな食べ物はラーメン。今はラーメンに偏りがちなので、アイスコーヒーの記事も伸ばしていきたいと思っています。

ブログを書き始めたきっかけは「自分らしく」生きるためには「自分自身」をアウトプットしなければならないと感じたから。

社会保険労務士専門分野、幼いころから患っているアトピー性皮膚炎に関してもアウトプットしていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。