ホメホメ会に初参加してきた

ホメホメ会は、参加者がお互いの良いところをしっかり褒め合う空間を共有することを目的にかずいちさんが主催するイベント。以前から参加したかったのだが、予定が合わず。今回ようやく参加することが出来た。

まずは、ホメホメ会のルールを確認。

ルールその① ホメるときは全力で

ルールその② その人となりをしっかりと観察すること(全力でホメるため)

ルールその③ ホメられた人はホメを全力でうけとめること

このルールを踏まえたうえで、各人が自己紹介と今年の目標を行い、グループで情報共有する。

準備が整っていよいよホメホメ会スタート。ホメホメ会では「ほめゲーム」を使用する。ほめゲームはカード形式になっていて引いたカードに書かれていることについて、引いた人が感じること、思うことを発表。その発表に対し、参加者が、その人のホメポイントを探し出し、その人に対するホメをシェアしていく。

自分が引いた一枚目は「母親のことを、他の人が実際に会ってみたくなるように紹介してください」。

うーむ、むずかしい(´・ω・`)。

と、思ったのだが、話し始めると実家を継ぐ形となった母が実家を訪れる親族や客人に対して、心を尽くしてもてなしていたことがすんなりと思い出された。自分を後回しにしてでも、相手のために尽くしてしまうことも。最後に母のことを「愛がある人」と言ったのには自分でも驚いた(実はグループの人に指摘されて初めてそう発言したことに気付いた)。

褒めることは、一見、ハードルが高いように感じるが、その人を褒めようとしてその人が持っている美点にフォーカスする時、褒める側も何とも言えない心地よさ、心の温かみを感じることができることを「ほめゲーム」を通じて知ることが出来たのは大きな収穫だ。

褒めることは、実は褒められる人とともに褒める人にも幸せを運んでくる。その人を自分の言葉で褒められたとき、その人の素晴らしいところを探し出せた、そして本人に伝えることが出来た喜びが胸に押し寄せてくる。

今回のホメホメ会で出てきた、たくさんのホメワードの中から、特に気に入ったものをチョイスしてみた(`・ω・´)。

「無意識だったものを意識化できるようになる、そして自分の感覚に気付くのは目覚ましい成長の証」

「自分の好きなことを『好きだ』と言えること、行動できることが素敵」

「(カード引いてから)じっくりと考える姿勢が素晴らしい。長考するのは誠実さの表れ」

「他の人のやっている良い取り組みを自分の中に取り入れて自分のものにできるのは凄い。感性が若い」

「宣言してやり遂げる人間は多くない。宣言してやり遂げるのは素晴らしい。」

「人の応援を受け入れることが出来る人は心が澄んでいる」

もちろん、自分にもたくさんの温かいフィードバックがあった。まだホメホメ慣れていない自分は、褒められるとなんだか、ムズムズしてしまう(;´・ω・)。本当はとても嬉しいのにね。

ホメてくださった皆様ありがとうございます。おかげさまで、自分の持っている美点に気付くことが出来ました。かずいちさんには「やりたいことが言えるようになってるってすごい変化しているよね」って言ってもらえてとても嬉しかった(*’ω’*)。

2時間があっという間に過ぎていったけれど、最後まで笑顔の絶えない素晴らしいワークショップだった。

ぜひ、また参加したい。かずいちさん、参加者の皆様ありがとうございました。

帰り道は豆乳ソフト(抹茶ミックス)で自分をホメホメ(/・ω・)/。

 

 

 

 

広告

この記事を書いた人

重崎 宗

重崎 宗

2018年8月から社会保険労務士としてキャリアをリスタートすることになりました。

ブログ継続のためにWiifit(現在はWiifit「U」)で、インドア「ゆる」トレ(Wiifit「U」運動習慣)と体重測定を2017年2月から開始。500日以上継続して行い、その記録をブログに上げています。結果、BMIは23前半から21台後半まで落ち、5Kgのダイエットに成功しました。

1993年Jリーグ創設当時から、鹿島アントラーズサポーターでちょくちょくカシマスタジアムを観戦に訪れております。

好きな飲み物はアイスコーヒー。好きな食べ物はラーメン。今はラーメンに偏りがちなので、アイスコーヒーの記事も伸ばしていきたいと思っています。

ブログを書き始めたきっかけは「自分らしく」生きるためには「自分自身」をアウトプットしなければならないと感じたから。

社会保険労務士専門分野、幼いころから患っているアトピー性皮膚炎に関してもアウトプットしていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。