読んでみた:怖れを手ばなすと、あらゆる悩みから自由になる(大鶴 和江 著)

大鶴和江さんの著書『まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本』。今回は自分が特に気になった点にフォーカスして紹介していきたい。

1.ダメな自分でいることにメリットがある

自分を取り巻く問題は、「自分がそのことを問題だと思っているから」。

そして、その物差しは親から与えられたもの。

「そんなことをしたら親に怒られる」「親にかまってもらえなくなる」という「怖れ」が物差しとなって、目の前の出来事から、問題となる点をどんどん切り出してしまう。

この「怖れ」から解放されない限り、人は「怖れ」が引き寄せる問題に悩まされ続けなければならない。

本書では様々な「怖れ」のケースが紹介されているが、自分に最も当てはまるのは「ダメな自分でいること」。

ダメな自分であることを他人にひけらかし、自分の価値を割り引くことで生きてきた。

最初から「降伏」して生きているので、当然相手からは軽んじられる。自尊心を切り売りしているので、生きていても自信が無い。その生き方が心底嫌だった。

ーそれでも、その生き方にはこんなメリットがあった。

・自分で判断して、責任を問われるような立場から逃れることができた

・他人の庇護を受けることができた

何より自分が感じていた最大のメリットは「潜むこと」が出来たことだった。

そう思っていただけで実際には頭隠して尻隠さずだったのだが。

この「怖れ」=メリットを手放すことは、自分が今まで生きて来た既存のフォーマットなので、一朝一夕に捨てることは出来ない。

まずはその「怖れ」が自分の中にあることを受け入れ、それがもう今の自分には「要らない」ことに自分を馴らしていこうと思った。

 

2.「自分のここが嫌」を感じる

自分の出来ないところ、ダメなところがあると、つい自分を責めてしまう。

「どうしてこんなことが出来ないんだろう」

「どうしてもっと優しくなれないのだろう」

でも、「どうして」も自分の一部なのだ。それを責めてもしようがない。

「そこはダメなんだ。それを嫌だと感じているんだ」

という感情をただ受け止めるだけで良い。今まで出来なかったことは出来ない。出来ない自分、そしてそれを嫌だと思っている自分の存在を受け入れれば良い。

これは本書を繰り返し読み返していて、ようやく腑に落とすことができた気付きだった。結局、出来ない自分、ダメな自分も自分の一部。切り捨てるのではなく、それも自分であると認めていくこと。

なぜ、責めるのか。それは「出来る」人と比べているから。

「人と比較している限り幸せにはなれない。幸せは感じるもの」だと本書は説く。

出来ない自分、ダメな自分に気付いて「嫌だな」と思ったら、そう思ったことを認めて、感じるだけしよう。自分を責めることは生産的ではないし、何より幸せにはなれないから。

 

広告

この記事を書いた人

重崎 宗

重崎 宗

2018年8月から社会保険労務士としてキャリアをリスタートすることになりました。

ブログ継続のためにWiifit(現在はWiifit「U」)で、インドア「ゆる」トレ(Wiifit「U」運動習慣)と体重測定を2017年2月から開始。500日以上継続して行い、その記録をブログに上げています。結果、BMIは23前半から21台後半まで落ち、5Kgのダイエットに成功しました。

1993年Jリーグ創設当時から、鹿島アントラーズサポーターでちょくちょくカシマスタジアムを観戦に訪れております。

好きな飲み物はアイスコーヒー。好きな食べ物はラーメン。今はラーメンに偏りがちなので、アイスコーヒーの記事も伸ばしていきたいと思っています。

ブログを書き始めたきっかけは「自分らしく」生きるためには「自分自身」をアウトプットしなければならないと感じたから。

社会保険労務士専門分野、幼いころから患っているアトピー性皮膚炎に関してもアウトプットしていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。