高田馬場 凸凹キッチンにてフルーツ酢(洋梨)を飲んでみた

高田馬場にある「凸凹キッチン」。ここではフルーツ酢をドリンクとしてオーダーできる。フルーツ酢はその名の通り、フルーツを酢に漬け込んで作るもの。なんと、バナナを漬けたバナナ酢なるものがあるらしい。これは是非味わってみたい。早速訪ねてみた。

お店は高田馬場駅から徒歩約10分。閑静な住宅街の中にある。お店に入ったのは夜の7時。既にディナータイムがスタートしていたが、カフェ利用を快く受け入れてくれた。

フルーツ酢は水割りとソーダ割が可能。早速、バナナ酢ソーダを頼もうとしたが・・・

余りにも美味しそうなバナナシフォンケーキを先に注文してしまう(*’ω’*)。「バナナ」被りになってしまったことから、店員さんに「洋梨」酢を勧められる。洋梨酢はこの季節の限定商品だそうだ。今回はおススメに従って洋梨酢ドリンクを注文してみることにした。ちなみにドリンクは水割りか、ソーダを選ぶことができる。今回はソーダ割りにした。

待ち人来たる(*’ω’*)。マドラーとして、長いスプーンがついてくるのがお洒落。

飲んでみると洋梨の香りがしっかりと閉じ込めれつつも、「酢」をしっかりと感じるほのかな甘みのドリンクだ。ソーダの喉越しがまた良い。このお店ならではの個性的な美味しさで、こういう味に出会えると宝物を見つけたような気持ちになる。

バナナシフォンケーキもふんわりした食感にふんだんに練りこまれたバナナが大変すばらしい一品。フルーツ酢ドリンクはさっぱりとしているので、スイーツの味わいを損ねないところも良いところだ。

洋梨酢は漬け込みが難しく、あまり量が作れないそうだ。

興味がある人はお早めに!次は是非バナナ酢にトライしてみよう。

お店の場所はコチラ

広告

この記事を書いた人

重崎 宗

重崎 宗

(2019年8月25日修正)

2000年から、介護施設、介護団体を経て、介護分野で18年のキャリアを積んだのち、2018年8月から社会保険労務士としてキャリアをリスタート。
社会保険労務士法人で1年間勤務したのち、長年親交のあった社会保険労務士からお誘いを受けて、現在、転職準備及び専門知識のブラッシュアップ中です。

ブログを書き始めたきっかけは「自分らしく」生きるためには「自分自身」をアウトプットしなければならないと感じたから。

社会保険労務士になった「今」を勇気を出して、アウトプットしていきます。

Wiifit(現在はWiifit「U」)で、インドア「ゆる」トレ(Wiifit「U」運動習慣)と体重測定を2017年2月から開始。500日以上継続して行い、その記録をブログに上げています。結果、BMIは23前半から21台後半まで落ち、5Kgのダイエットに成功しました。

➡平成30年8月22日以降、休止中。こちらもブログ同様、習慣を取り戻していきます。なお、現時点でリバウンドなし。

1993年Jリーグ創設当時から、鹿島アントラーズサポーターでちょくちょくカシマスタジアムを観戦に訪れております。

好きな飲み物はアイスコーヒー。好きな食べ物はラーメン。今はラーメンに偏りがちなので、アイスコーヒーの記事も伸ばしていきたいと思っています。

幼いころから患っているアトピー性皮膚炎に関してもアウトプットしていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。