北海道旅行記 2日目(2017/7/16)⑥

北海道旅行の2日目。親族の計らいで夕食をともにすることに。「海鮮居酒屋番屋亀吉」で北海道産地直送の食材を堪能した。

前回の記事はコチラ

今回お邪魔した「海鮮居酒屋番屋亀吉」のぐるなび紹介はコチラ

食材の宝庫、北海道。ラーメンばかりではもったいない。早速行ってみよう。

牡丹エビ。写真では伝えきれないが、取り皿から余裕ではみ出る圧巻の大きさ。身も締まっていて甘い。この甘さは一体どこから出てくるのだろう。

刺身の盛り合わせ。これも新鮮で抜群の美味しさ。北海道に来るたびに思うのが、ウニの美味しさ。北海道に来て食べるウニは格別でガツガツ食べてしまう。

「東京のウニはミョウバン臭いから」という母(@留守番)の言葉をふと思い出す。今は流通も相当発展しているから、そこまでの違いはないのかもしれない。

だけど、口に含むと舌の上でとろけていく、このウニの食感と濃厚なうま味はやはり産地ならでは。

ここで食わずにいつ食うのだ。食うべし、食うべし。

こちらはトウモロコシの天ぷら。この発想はなかなか思いつかないのでは。無論美味しい。

そのほか、ザンギ(鶏、タコ)も美味しかった(写真がないのが残念)。北海道では唐揚げのことを総じてザンギというそうだ。気になって調べてみたら、詳しく解説してくれているサイトがありました。

次にやってきたのは八角の軍艦焼き。20年以上前に家族旅行で北海道を訪れた際、釧路で食べて以来だ。

東京ではなかなか口にできない希少魚。食べるのが20年ぶりとかどんだけレアなのか。あの時の旅行も楽しかったなぁ・・・ (´・ω・`)思い出に浸る。

「イクラ丼」щ(゚Д゚щ)カモーン。ここで食わずして何とする。日本酒のごとく零れ落ちるイクラに北海道の心意気を感じる。東京人はビビッてこんなことできませんもの(/ω\)。サーモンのお刺身もふんだんに盛られていて、実は「親子丼」仕様となっている。

ウニのクリームパスタ。炭水化物で締めたあと、さらにとどめでもういっちょ。

щ(゚Д゚щ)щ(゚Д゚щ)щ(゚Д゚щ)カモーン!!!

クリームパスタに新鮮でクリーミーにとろけるウニが混ざれば旨いに決まっている!ウニクリームがパスタに絡む。掻っ込むようにガツガツと食べる。

北海道一県でほぼ全ての食材が揃うんだよね。食料自給率は驚異の200%越えだし。その美味しい食材を地元の人が誇りに思っているのも嬉しい。

北海道で海水浴(シュノーケリング)が出来たら(出来ると思うが)、個人的には北海道に死角はない。

でも、実際に住んでいる人たち(親族)は東京に行きたがるんだよね。自分が東京の良さを分かっていないのかもしれないけれど。

北海道は最高ですよ。(`・ω・´)シャキーン

小学生のころ、北海道を訪ねると、おおきなザルいっぱいに山盛りのカボチャ、ジャガイモ、果ては半分に割ったメロンが出てきて、

「北海道の人たちはすごいお金持ちだ」(´・ω・`)

・・・と思ったものだ。

美味しい食べ物が豊富にあるって本当に豊かなことなんだよね。

これにて2日目は終了。ようやく3日目に入ります。

北海道旅行記 3日目(2017/7/17)⑦に続く。

広告

この記事を書いた人

重崎 宗

重崎 宗

2018年8月から社会保険労務士としてキャリアをリスタートすることになりました。

ブログ継続のためにWiifit(現在はWiifit「U」)で、インドア「ゆる」トレ(Wiifit「U」運動習慣)と体重測定を2017年2月から開始。500日以上継続して行い、その記録をブログに上げています。結果、BMIは23前半から21台後半まで落ち、5Kgのダイエットに成功しました。

1993年Jリーグ創設当時から、鹿島アントラーズサポーターでちょくちょくカシマスタジアムを観戦に訪れております。

好きな飲み物はアイスコーヒー。好きな食べ物はラーメン。今はラーメンに偏りがちなので、アイスコーヒーの記事も伸ばしていきたいと思っています。

ブログを書き始めたきっかけは「自分らしく」生きるためには「自分自身」をアウトプットしなければならないと感じたから。

社会保険労務士専門分野、幼いころから患っているアトピー性皮膚炎に関してもアウトプットしていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。