北海道旅行記 2日目(2017/7/16)⑤

北海道旅行の2日目。墓参りと終えて、駅に戻るともうお昼前、旭川ラーメンの老舗梅光軒で昼食をとることにした。

前回の記事はコチラ

地下一階にある店舗はすでに満席。並んでいるお客を飽きさせない工夫だろうか。店先でお土産用「梅光軒」のラーメンを販売している。中国人観光客がそれを物凄い勢いで買っていく。爆買いの最前線を肌で体感。

その勢いにつられて僕も一品購入(;´・ω・)。奥さんのお土産にしよう。店内の人の流れは思ったよりもスムーズで5分も待たずに席に通される。今日は醤油チャーシュー麺を注文。

待ち人来たる(*’ω’*)。最後に食したのは学生時代なので、20年ぶりか・・・。

早速一口。うーん美味しい。1日目に食べた「よし乃」もそうだが、旭川ラーメンはスープに奥行きがあるように感じる。

スープを口に含んだときに感じる美味しさの後から、別の美味しさが積み増しされて奥に引き込まれるような印象を受ける。なみなみ注がれたスープもぐいぐいと飲んでしまう。

食べ進めていくと「Baikohken(梅光軒)」の文字が。英語表記なのがにくい。実際、当日はインバウンド客で賑わっていて、店員さん以外の声は外国語、という状況。

「東京では食べられない旭川ラーメン」と胸を張る父だったが、実は東京のど真ん中、丸の内に支店が出ていることが判明。

「ああ・・・あるのね」(´・ω・`)と若干テンション下がり気味の父。

美味しかった~。個人的には北海道の醤油・味噌を堪能できて満足。

ちなみに日程の都合で僕が行けなかった、もう一つの老舗「蜂屋」には父が一人で行ってきてくれるそうです。щ(゚Д゚щ) why?

北海道旅行記 2日目(2017/7/16)⑥に続く。

The following two tabs change content below.
重崎 宗

重崎 宗

幼少期からアトピー性皮膚炎を発症。大学在学中に急激な悪化を経験。一時は身体を動かすことも困難になり、1年近く大学を休学。現在も完治せず、自身の外見へのコンプレックスや症状に苦しみ、「人よりも劣っている」という劣等感に苛まれるようになる。 2007年、人生を変えるべく一念発起。国家資格取得を目指し、1年間猛勉強の果て、合格。その後、2009年まで立て続けに資格を取得するも、転職に失敗し、失意のうちに職場を退職。アルバイトを経て、以前の業界に出戻る。全身全霊で取得した資格を活かせず、喪失感から5年間を燃え尽き状態で過ごす。 2016年から燃え尽き状態から脱出を目指して行動を開始。人生を生き抜く為の「何か」を周囲に探し求める生き方を改め、自分自身の生き方を変えて、自分の人生を「選択」することを目指す。その一環として2017年からブログを開設。自分が変わっていく過程を発信している。 幼い頃、父と一緒に初めて飲んだ時から、アイスコーヒーは「ソウルドリンク」。アイスコーヒーメーカーで自作し、家に常備。好きな食べ物はラーメン。但し、これからあらゆるジャンルにチャレンジする予定。 1993年Jリーグ創設当時から鹿島アントラーズサポーター。 夢はファンタジー小説を執筆すること。Jリーグ全スタジアム巡ること。アトピー根治のための湯治に行き、その過程をブログに記すこと。 現在、Wiifitによる運動習慣プログラムを実践中。