やなか珈琲店でアイスコーヒー。15分間の外出でリラックスした1日

会社からほど近いところにある「やなか珈琲店」。昼休みの残り15分を使って、散歩がてら訪ねてみた。

店の外に設置されたメニューの立て看板。

アイスコーヒー レギュラー240円はとてもリーズナブルな値段設定。ラージサイズも290円と50円しか変わらない。ラージサイズを注文し、席に向かう。

店内の様子。コーヒー豆の販売スペースがかなり広く取られており、それほど広いとは言えない店内のほぼ半分を占める。

品揃えが本当に豊富。アイスコーヒー専用の豆もあって、つい覗き込んでしまう。あとでホームページを確認したら、もともとコーヒー豆の販売を主軸にしているらしい。

やなか珈琲天のホームページはコチラ

昼休みじゃなかったら買ってたな・・・(´・ω・`)。30%OFFは8月8日まで。「その場で焙煎!!」の言葉が魅惑的。良いなぁ、買いたいなぁ。

ラージサイズ来たる。注文すると直ぐに出てくる。ボリュームもあって、ありがたい。

アイスコーヒーは最後にしっかりと「苦み」が残って、これぞアイスコーヒーという感じ。

さっと来てサッと飲む。短い昼休みでも気軽に立ち寄れるのが良い感じ。ランチの後のコーヒーで立ち寄るのもありかもしれない。

このお店もオススメです。↓

 

The following two tabs change content below.
重崎 宗

重崎 宗

幼少期からアトピー性皮膚炎を発症。大学在学中に急激な悪化を経験。一時は身体を動かすことも困難になり、1年近く大学を休学。現在も完治せず、自身の外見へのコンプレックスや症状に苦しみ、「人よりも劣っている」という劣等感に苛まれるようになる。 2007年、人生を変えるべく一念発起。国家資格取得を目指し、1年間猛勉強の果て、合格。その後、2009年まで立て続けに資格を取得するも、転職に失敗し、失意のうちに職場を退職。アルバイトを経て、以前の業界に出戻る。全身全霊で取得した資格を活かせず、喪失感から5年間を燃え尽き状態で過ごす。 2016年から燃え尽き状態から脱出を目指して行動を開始。人生を生き抜く為の「何か」を周囲に探し求める生き方を改め、自分自身の生き方を変えて、自分の人生を「選択」することを目指す。その一環として2017年からブログを開設。自分が変わっていく過程を発信している。 幼い頃、父と一緒に初めて飲んだ時から、アイスコーヒーは「ソウルドリンク」。アイスコーヒーメーカーで自作し、家に常備。好きな食べ物はラーメン。但し、これからあらゆるジャンルにチャレンジする予定。 1993年Jリーグ創設当時から鹿島アントラーズサポーター。 夢はファンタジー小説を執筆すること。Jリーグ全スタジアム巡ること。アトピー根治のための湯治に行き、その過程をブログに記すこと。 現在、Wiifitによる運動習慣プログラムを実践中。