「小苦樂」で極上の抹茶白玉あんみつを食す。

お菓子を買った帰り道。タイムスリップしたかのような路地に魅せられ入っていった先に、その店「小苦樂」はあった。

今や、懐かしい、砂利道に足を向けるとその先に暖簾が。俄然、興味が沸いて、店先にを伺うことに。

なかなか趣のある店構え。午後に来客を控えていたが、時間にはまだ余裕がある。なにより「あんみつ」にそそられる・・・ということで店に入ることに。

店内の様子。1階の和室に甘味処が設けられている。畳の上に通されると、気持ちが安らぐのは何故だろう。

和室からは見える庭の様子。車の行きかう通りからそれほど離れていないのに、ここはとても静かで心が安らぐ。下の写真は茶室だそう。

メニュー。写真も文字も美しい。今回は抹茶白玉あんみつ(900円)を注文することに。

うーん美しい(*‘ω‘ *)。

黒蜜を掛けて・・・

いただきます。手作りの白玉(緑は抹茶入り)がモチモチとした食感で美味しい。しかし、それにもまして凄かったのが、写真の寒天。いつも食べるものと「歯応え」が全く違う。伊豆産の一番天草を使っているとのことだが、この歯ごたえを味わうだけでも、この一品を注文する価値がある。

あんこにも抹茶が練りこまれ、ほのかな苦みが更に食欲をそそる。

ここでは日本文化の体験も楽しめる。この日は「おにぎり教室」が2階で開催されていたそうで、親子連れが続々と上がって行った。和室のレンタルもできる。

最後に店主の好意で庭に設えた茶室を拝見する機会に恵まれる。奥の小さな扉は「にじり口」と言われる茶室の入り口。「へうげもの」でよく見る光景が目の当たりに。一度、茶道も体験してみたい。

店の前の紫陽花。紫陽花を見ると6月が来たと実感する。心が落ち着く静かな「隠れ家」的なお店は定期的に通うようにしよう。食べてみたいものも一杯あるしね!

お店のホームページはコチラ

広告

この記事を書いた人

重崎 宗

重崎 宗

2018年8月から社会保険労務士としてキャリアをリスタートすることになりました。

ブログ継続のためにWiifit(現在はWiifit「U」)で、インドア「ゆる」トレ(Wiifit「U」運動習慣)と体重測定を2017年2月から開始。500日以上継続して行い、その記録をブログに上げています。結果、BMIは23前半から21台後半まで落ち、5Kgのダイエットに成功しました。

1993年Jリーグ創設当時から、鹿島アントラーズサポーターでちょくちょくカシマスタジアムを観戦に訪れております。

好きな飲み物はアイスコーヒー。好きな食べ物はラーメン。今はラーメンに偏りがちなので、アイスコーヒーの記事も伸ばしていきたいと思っています。

ブログを書き始めたきっかけは「自分らしく」生きるためには「自分自身」をアウトプットしなければならないと感じたから。

社会保険労務士専門分野、幼いころから患っているアトピー性皮膚炎に関してもアウトプットしていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。