生観戦 ACL最終節 鹿島 VS ムアントンユナイテッド

5月10日に開催されたアジアチャンピオンズリーグ(以下:ACL)最終節 鹿島VSムアントンユナイテッド戦を現地で観戦するために鹿島サッカースタジアムへ行ってきた。

1.鹿島サッカースタジアムまでのアクセス

うーん、遠い。正しく旅。鹿島スタジアムはこれまで何度も足を運んでいるけれど、こうして実際に地図で見てみるとその距離を実感する。都心からスタジアムまでは約130km。平日開催のため、レンタカーで向かうことに。15:30に東京を発った。

2.道中・スタジアムグルメの紹介

途中立ち寄った酒々井(しすい)パーキングエリアでソフトクリーム(ショコラ)360円を堪能。ソフトクリームは大好きだが、実際食べるのは久しぶり。

雨模様の天候もあり、道中は安全運転。それでも17:30に東関東道の終点、潮来に到着した。試合は19:00キックオフなので、道の駅を冷やかしてみる。

メロン山盛りΣ(゚Д゚)。

茨城県はメロンの産地。この時期で一個800円は安いのでは。

・・・買わなかったけど。

お家へのお土産に。茨城県は干し芋でも有名。マルセ物産の一品をチョイスして、一路スタジアムへ。18:00にスタジアムへ入場。

鹿島スタジアムの売りは何と言ってもスタジアムグルメ。いつもなら長蛇の列で買うことを諦めていた「五浦ハム焼き」もほぼ並ぶことなく買うことが出来た。これは平日ならでは。

この大きさ。一口大に揃えられたハムのうまさ、噛みごたえは絶品。これを食すためだけにスタジアムに来ても良い人品。もう一串食べれば良かった(´Д`)。

もう一つは「やまびこ」のステーキ弁当700円。今回はガーリックソースにネギを山盛りで。ここのスタジアムグルメの特色はとにかく「肉」が美味くて、ボリュームがあること。2,000円あれば、一通りの肉を味わうことが出来る。

次の狙いはジビエ串。シカ食べてみたい。(´・ω・`)

ステーキ弁当と迷った一品。これは絶対美味い。これも次回の候補に。

今日はマスコットのしかこがスタジアムに。ちなみにこのユニフォームはアウェイ用。しかこがこのピンクを身に付けてると可愛いね。

3.サッカー見るなら鹿島スタジアム

鹿島スタジアムは試合が本当に見やすい。今回の席からはピッチが正に目の前。

ホームサポーターの様子。42,000人収容のスタジアムだと、若干少なく見えるが、平日のナイトゲームで8,000人近い集客は立派だと思う。

試合の様子。ピッチと観客席がこれだけ近いと臨場感が半端ない。

試合は鈴木優磨の2ゴールの活躍で鹿島が勝利。グループ首位で決勝トーナメント進出を決めた。個人的にはJリーグ勢(川崎フロンターレ)同士の潰し合いにならずに済んで良かった。

今年のACLはJが取るよ!(`・ω・´)シャキーン

・・・帰りは流石にしんどかったので、平日来る際のアクセスは要再考だなぁ。

それでも平日観るサッカーは最高だね!

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
重崎 宗

重崎 宗

Wiifit(現在はWiifit「U」)による、ヨガ、筋力トレーニング、有酸素運動をプログラム化。「運動は継続」を座右の銘に連続200日を超えて、運動習慣継続中。「家から一歩も出ることなく続けられる運動」として、毎日の変化を記事に残している。 幼少期から患っていたアトピー性皮膚炎が大学入学を機に急激に悪化。身体を動かすこともままならない1年を過ごし、大学を休学。現在も完治せず、自身の外見へのコンプレックスや症状に苦しみ、自然と「人よりも劣っている」という劣等感を抱くようになった。現在も完治していないため、今も治療を続けている。 その後、人生を変えるべく一念発起。国家資格取得を目指し、1年間猛勉強の果て、合格。しかし、資格を活かせる職場への転職は失敗。その後、5年間ほど失意のうちに過ごす。 Jリーグ好き。鹿島アントラーズを1993年開幕当時から応援するアントラーサポーター。好きな飲み物はアイスコーヒー。好きな食べ物はラーメン。ちょこちょこ、レビューを書いているが、アイスコーヒーに関するレビューは延ばして行きたいところ。 健康面での夢はアトピー性皮膚炎を完治させること。趣味ではJリーグの全スタジアムを制覇すること。全国にあるスタジアムグルメやその特色をレビューしていきたい。将来の夢はブログを通じて、これから自分の中で取りまとめて形にしていきたい。 2016年から燃え尽き状態から脱出を目指して行動を開始。人生を生き抜く為の「何か」を周囲に探し求める生き方を改め、自分自身の生き方を変えて、自分の人生を「選択」することを目指す。その一環として2017年からブログを開設。自分が変わっていく過程を発信している