「情けない」と自分を責める心

カウンセリングを受けた後、明らかに自分の中に生じた変化。それは自分が抱える「怒り」をもう隠し続けることは出来ない、と気付いたことだ。

前回の記事はコチラ

この「怒り」が暴走した時、僕はもう生きてはいけない。ずっとそう考えて生きてきた。

その「怒り」が解放されつつある。まったくもって大人の対応とは言い難いけれど、僕はカウンセリング以降、その怒りの手綱を少しづつ緩めるようになってきた。自分が変わっていくためには、もう、これ以上自分を押さえつけることはできない、そう思うようになった。

しかし、今までの僕の生き方は急速に「旧くなる」一方で、新しい変化の兆しは輪郭すら見えてこない。

僕は何を目指そうとしているのか。

・「新しくなる」ビジョンが見えない。

・その道を選択する覚悟や準備が足りない。

・以前の自分に戻ろうとする力強い因習の引力

こんなことで右往左往して動けない自分は「情けない」と思う。

「こう在りたくない」という「怒り」を昇華させるために自分はどれだけ「成長」すれば良いのだろうか。

自分は変わり始めた。そして動けない自分を情けなく思う自分の心に報いるためには「行動」するしかない。

ただ、その道筋は真っ暗だけれど。次回以降のカウンセリングでその道筋を明るく照らしたい。そして、照らされた「在りたい自分の道」を全力で駆け上がっていきたい。

 

 

広告

この記事を書いた人

重崎 宗

重崎 宗

2018年8月から社会保険労務士としてキャリアをリスタートすることになりました。

ブログ継続のためにWiifit(現在はWiifit「U」)で、インドア「ゆる」トレ(Wiifit「U」運動習慣)と体重測定を2017年2月から開始。500日以上継続して行い、その記録をブログに上げています。結果、BMIは23前半から21台後半まで落ち、5Kgのダイエットに成功しました。

1993年Jリーグ創設当時から、鹿島アントラーズサポーターでちょくちょくカシマスタジアムを観戦に訪れております。

好きな飲み物はアイスコーヒー。好きな食べ物はラーメン。今はラーメンに偏りがちなので、アイスコーヒーの記事も伸ばしていきたいと思っています。

ブログを書き始めたきっかけは「自分らしく」生きるためには「自分自身」をアウトプットしなければならないと感じたから。

社会保険労務士専門分野、幼いころから患っているアトピー性皮膚炎に関してもアウトプットしていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。