BS観戦記 J1第9節 鹿島VS鳥栖

鹿島スタジアムで開催された第9節。水曜日にアウェーで行われたACLではホーム蔚山に4-0と大勝を収めたアントラーズ。ホーム2勝目はあげられるだろうか。

1.前半だけでPK2本

鹿島は水曜日のACLに先発したメンバーがそのままスターティングメンバーに名を連ねた。前半はお互いカウンターを繰り出しながら、ほぼ五分五分の展開でゲームは進む。ところが、前半22分、昌子がペナルティエリア内でハンドを犯し、ペナルティキック(PK)を献上。これを豊田に決められ、1点を先制される。鳥栖の攻撃からは正直得点の匂いはしなかっただけにもったいない失点だった。

失点後、ギアを上げて、攻め掛かる鹿島。すると前半27分。今度は鳥栖陣内にドリブルで切り込んだ土居が鳥栖DFに倒され、PKを獲得。これをFW金崎がゴール右隅に冷静に沈め、同点。

その後も鹿島の攻勢が続く。前半40分にはペドロ・ジュニオールの突破から得た左コーナーキックに昌子が食らいつき、ゴール右隅へヘッド弾を叩き込んで逆転。PK献上の汚名を挽回する。このまま前半終了。

2.試合を「殺した」後半

後半も試合をコントロールする鹿島。ただ、肝心かなめのシュートチャンスはことごとく不意にしてしまう。また、ACLから中3日という事もあり、選手の疲れも散見されるように。

ここで石井監督が動く。疲れが見える遠藤に変えて、レアンドロを投入。その後、試合が膠着すると見るや、思い切ってFW金崎に変えてボランチの三竿を入れ、3ボランチに。停滞している試合を割り切って「殺し」に掛かる。試合を「殺す」というのは、買っている側がリードを保ちながら、そのまま、試合終わらせることを言う。

全盛期の鹿島のお家芸だが、同点に追いつこうと血眼になっている相手にそれを完遂するのは結構難しい。「殺し」切れず、同点、逆転弾を浴びるケースも決して珍しくはない。

ところどころ危うさはあったものの、試合を殺しきることに成功。首位浦和に勝ち点1差と迫る貴重な勝利を挙げた。

次は首位浦和と埼玉スタジアムで一戦交える。試合はNHK総合で中継予定だ。J1トップクラブ同士の激突をJリーグを知らない皆さんにも是非目の当たりにしてもらいたい。

試合は5月4日14:00キックオフだ。

広告

この記事を書いた人

重崎 宗

重崎 宗

2018年8月から社会保険労務士としてキャリアをリスタートすることになりました。

ブログ継続のためにWiifit(現在はWiifit「U」)で、インドア「ゆる」トレ(Wiifit「U」運動習慣)と体重測定を2017年2月から開始。500日以上継続して行い、その記録をブログに上げています。結果、BMIは23前半から21台後半まで落ち、5Kgのダイエットに成功しました。

1993年Jリーグ創設当時から、鹿島アントラーズサポーターでちょくちょくカシマスタジアムを観戦に訪れております。

好きな飲み物はアイスコーヒー。好きな食べ物はラーメン。今はラーメンに偏りがちなので、アイスコーヒーの記事も伸ばしていきたいと思っています。

ブログを書き始めたきっかけは「自分らしく」生きるためには「自分自身」をアウトプットしなければならないと感じたから。

社会保険労務士専門分野、幼いころから患っているアトピー性皮膚炎に関してもアウトプットしていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。