僕がカウンセリングを受ける理由

いよいよ、本日、立花岳志さんのカウンセリングを受講する。受講する直前に、カウンセリングを受けようと決めた経緯を書いていきたい。

1.きっかけはB塾受講時のタチさんからの一言

3期B塾初級コースに受講生として参加したとき、講義の合間の休憩時間中だったと記憶している。タチさんが「重崎さん、カウンセリングを受けてみたらどうですか。」と声を掛けてくれたのだ。おそらく、僕の発言に対して提案をしてくれたに違いないのだが、何を話したのかはよく覚えていない。

ただ、なぜか「ああ、やっぱり」と思う自分がいた。どんなに人の輪の中に入ろう、交わろうとしても、浮き上がって行ってしまう自分がいて、周囲とは異なる、という疎外感をひた隠しながら、息苦しい人生を歩いてきた。そして、そのような人生を歩んでいるのは自分に何か致命的な欠陥があるのだと思っていた。

その「歪さ」を見透かされたような気がしたのだ。

その場では即答しなかったものの、カウンセリングを受けたいという気持ちが徐々に心の中で高まっていった。

1.「独力で人生を変えることは今の僕には出来ない」。それが答え

以前書いたとおり、僕は自分が目指す、目的地を決めることすらせず、「ただ、がむしゃらに」前に進み続けた結果、自分がどう生きたいのかすら分からなくなってしまった。

スティーブン・コヴィー著の7つの習慣の中にこんな一節がある。

「はしごを掛け違えていれば、必死に努力しても行きつく所は全く違う場所だ」

この一節が胸に刺さって、最初は満足にこの名著を読むことが出来なかった。目の前にあるはしごが「正しい」場所に掛かっているかの確認もせず、上り続けていたのはまさに自分だったからだ。

そんな自分の「在り方」を変えたくて、B塾に参加すると決めたとき、一緒に、2017年は自分が変わるために生きる、と決心した。

カウンセリング料は自分にとって決して安い金額ではない。「これだけの金額を払って何が変わるんだ。本当に変わるという確証があるのか」という葛藤にも苛まれた。

それでも、カウンセリングを受けると決めたのは、「今まで40年間、一生懸命生きて来たけれど、自分の在り様、生き方を変えることは出来なかった。今までと同じ生き方では変えることはできない。今、変わるために最善を尽くすべきだ。」という心の声が日増しに強くなってきたからだ。もう専門家の力を借りるべき時が来たのだ。

3.葛藤しながらでも、前に進む

こうしてブログを綴る間も絶えず僕の心は葛藤に揺れている。それでも、今日この日にカウンセリングを受けることを僕は「決めた」。今日を迎えるまで、色々な問題が立て続けに起こり、決して平坦とは言えなかったけれど、今日、カウンセリングの初日を迎えることが出来て本当に幸せだ。

カウンセリングを受けたからと言ってすぐに迷っていた人生の道が開けていくとは思っていない。

一生懸命歩いた結果、彷徨ってしまったこの人生を、タチさんのガイドのもと、いつかは自分の目指す道を見つけ、そこを歩けるようになるまで、葛藤しながらでも僕は前に進みたい。

楽しみだ。

 

 

The following two tabs change content below.
重崎 宗

重崎 宗

幼少期からアトピー性皮膚炎を発症。大学在学中に急激な悪化を経験。一時は身体を動かすことも困難になり、1年近く大学を休学。現在も完治せず、自身の外見へのコンプレックスや症状に苦しみ、「人よりも劣っている」という劣等感に苛まれるようになる。 2007年、人生を変えるべく一念発起。国家資格取得を目指し、1年間猛勉強の果て、合格。その後、2009年まで立て続けに資格を取得するも、転職に失敗し、失意のうちに職場を退職。アルバイトを経て、以前の業界に出戻る。全身全霊で取得した資格を活かせず、喪失感から5年間を燃え尽き状態で過ごす。 2016年から燃え尽き状態から脱出を目指して行動を開始。人生を生き抜く為の「何か」を周囲に探し求める生き方を改め、自分自身の生き方を変えて、自分の人生を「選択」することを目指す。その一環として2017年からブログを開設。自分が変わっていく過程を発信している。 幼い頃、父と一緒に初めて飲んだ時から、アイスコーヒーは「ソウルドリンク」。アイスコーヒーメーカーで自作し、家に常備。好きな食べ物はラーメン。但し、これからあらゆるジャンルにチャレンジする予定。 1993年Jリーグ創設当時から鹿島アントラーズサポーター。 夢はファンタジー小説を執筆すること。Jリーグ全スタジアム巡ること。アトピー根治のための湯治に行き、その過程をブログに記すこと。 現在、Wiifitによる運動習慣プログラムを実践中。